大田原市

暮らす人 /

PEOPLE

石塚さん(林業)

05

生活しやすく、自然も感じられる。私にちょうどいい場所。

  • 石塚 幸司さん

  • 東京都

  • 単身

  • 林業

石塚幸司さん
石塚幸司さん
  • Q1.

    移住の経緯

    前職が契約社員で、契約期間が終了するにあたり、私自身のやりたい仕事を探していました。

    その時「森林の仕事ガイダンス」という林業のイベントがあることを偶然知り、林業を仕事にしたいと思いました。

    イベントでは、各県のブースがありましたが、何となく栃木県ブースに興味があり、立ち寄りました。その後、宇都宮での説明会に参加し、縁あって大田原市森林組合に入ることが決まり、移住しました。

  • Q2.

    移住を決めた理由

    「人々が生活をする町」と「自然が豊かな山」とを考えると、人々が生活をする町では東京と変わらず、かと言って、自然が豊かな山ではひとり暮らしすらした事がないのにやっていけない。 そこで、生活しやすく、自然を感じられる所を探していた所、大田原市が私には良いかもしれないと思いました。この判断は間違っていませんでした。

  • Q3.

    移住に対する不安は?

    不安だらけですが、ひとり暮らしは当たり前ながら、全て自分でやらなければいけません。

    「体調を崩さないように」この一言だけ今でも気をつけています。

    それ以外の事は、大田原市移住・定住交流サロンの方にアドバイスを頂く。困った時の神頼みで申し訳ございません。本当に助かります。

  • Q4.

    移住しての感想

    私自身はまだ2年目に入ったばかりですが、満足度は高いです。

    仕事もまだまだ覚える事が多く、日々勉強ですが、周りの方も親切で働きやすいです。

    移住の際は、仕事も重要なので、自分自身がどこまで妥協できるか?という事も必要なのかもしれないと思いました。

  • Q5.

    移住して良かったこと

    通勤ラッシュと通勤時間(東京の時は約1時間30分)がなくなった事です。

    今は車通勤で15分。信じられません。

    毎日、那須岳などの山を見られて最高です。

    あと、やっぱり空気が違いますね。東京の空気は、よどんでいる感じですが、大田原市の空気はクリアな感じがします。(言葉で説明するとうまく説明ができませんが)

  • Q6.

    困ったこと、驚いたこと

    困ったことは、特にありません。

    驚いたことは、大田原市周辺には温泉が多い!東京の方は絶対にわかりませんね。

    みんな「栃木県大田原市の温泉なんて聞いたことがない」と言いますから。

  • Q7.

    移住検討中の皆様へ

    私のような独身者や単身者(若者、高齢者)にとっては、大田原移住は生活を変えるチャンスだと思っています。

    一方、ファミリーの方にとっては、家、仕事、金銭面、子どもの学校、育児などの問題があるので、移住を迷うのは当然だと思っています。

    諦める前に、大田原市移住・定住交流サロンに相談してみてはどうでしょうか?

Page top

大田原市移住・定住交流サロン

私たちは大田原市への移住・定住をお考えの方をフルサポートいたします。

MENU